SINGAPORE

| シンガポール留学

シンガポール共和国は、東南アジアのマレー半島の南端に位置し、シンガポール島及び 60 以上の島々からなる島国です。シンガポールは平均所得が日本を上回るなど、アジア先進国の一つです。

シンガポールは、アジアの貿易、交通及び金融の中心地であり、世界第 3 位の外国為替市場、世界第 4 位の金融センターです。さらに国際ランキングでは、教育、医療、経済競争力において高位に順位付けられる国となっており、国として今後も大きな成長が見込まれています。人口 550 万人の 38% は永住者及びその他外国籍となり、とても国際色豊かな環境でもあります。

シンガポールはイギリス連邦に属し公用語が英語であるため、国内でも英語は共通語及び第 2 母語となっています。また、国家の形成上外国人が多く在住し、東南アジアの先進国としてシンガポールの大学への留学生を多く受け入れており、アジア圏で最も早くから外国人向けの英語教育が盛んな国となっています。

シンガポールは交易が盛んなアジアのハブとして、世界中からグローバル企業が集まり、日系だけでなく世界企業への就職のチャンスがある国です。言語のみを学ぶ語学留学だけでなく、インターンシップやグローバル企業の現地採用の機会が多い、海外就職がしやすい国の一つと言えます。

シンガポールでは、英語と同様に中国語も公用語となっているため、中国語を学ぶこともできます。特にヨーロッパからの留学生が多い理由として、暮らしやすくリーズナブルな点だけでなく、英語と中国語を同時に学べる留学環境が挙げられます。

シンガポールの街はとても清潔で、各種インフラも日本以上に整備されている先進国です。元々アジアでの英語留学先として日本でも知られていたシンガポールですが、英語学習だけでなく、進学や就職につながる留学先として近年注目されています。