INDIA

| インド留学

世界で一番安く英語を学べるのはどこかというと、実はインドです。世界で一番安く英語を学べるのはどこかというと、実はインドです。

インド留学ではなんと学費と生活費合わせた留学費用が 1 ヶ月 3 万円ほどで通える学校もあります。またインドは 20 世紀初頭までイギリスの植民地であったため英語教育が盛んで、英語を話せる人の割合も高く、語学留学の穴場といえるでしょう。

またインドは世界の中でも経済発展が著しく、都市部では私達のインドのイメージとはかけ離れた高層ビルが立ち並び、日本企業も含めて多くの世界企業が進出するグローバルな環境を体験する上でもお勧めです。

インドでは観光ビザで最大半年の留学が可能で、学費も生活費も安く、またインド旅行のついでに 1 週間から入学する事もできるのも特徴の一つです。また日系企業も含めたインドの企業でのインターンも盛んですので、インドでキャリアアップに繋がる就業経験を積む事もできます。

もちろんインドへは日系企業も含め国際企業が多数進出し、世界中のグローバル企業で現地採用のチャンスがあるため、インターンシップも含めアジアでのグローバル企業の就職を目指す方には、インドはお薦めの国です。

 

インド留学のメリット

インド留学のメリットはたくさんあります。

インド留学のポイントは、世界で一番安く留学ができる国である点です。学校によっての差はありますが最も安く抑えると学費、滞在費、生活費全て込で 1 ヶ月 3 万円から留学が可能です。

次に日本と全く異なる環境で留学の本質である異文化体験ができることです。インドの語学学校は日本人は殆どおらず、国際色豊かな環境であり、そして学校に通うインド人も多く、インド社会の側面を覗く事ができます。また日本と全く異なるインドの文化、社会体験をすることは、留学生の視野を格段に広げ、インドの社会で留学生活する経験は、グローバルな環境でのコミュニケーションスキルの向上にとても役立つでしょう。

そして、もしインドの社会で生き抜く力が持てたら、世界中からインドに集まるグローバル企業への就職もぐっと近づきます。

 

英語教育の歴史が長い かつてイギリス領だったインドでは、欧米の学校と同様に英語教育の長い歴史があり、英語学習の環境が整っています。
英語環境が整っている インドはかつてイギリス領だったこともあり、英語を使える人が多く、デリーやバンガロールなど都市部を中心には英語を使う機会が多く、学校以外でも英語を使う時間を多く持つことができます。
一方でフィリピンの場合、大卒者でないと英語が話せず、街では片言の英語しか通じません。
欧米資本の学校が多い 歴史的な背景もあり、アメリカ、イギリス、オーストラリア資本の欧米系の語学学校がインドで学校運営を行い、カリキュラムも欧米スタイルで行っている場合が多いです。
欧米と同じクオリティの英語学習 欧米系の資本の学校を中心に欧米スタイルの学校運営とカリキュラムを採用して授業を行っているため、欧米への語学留学とほぼ同等の学習効果が得られます。
費用は格安 インドは物価が安く、一般的な生活費は日本の 5 分の 1 程度となります。よって留学費用も同様、カナダと比べ 3-5 割程度に抑えられます。単純比較はできませんがフィリピン留学よりも割安です。
国際色豊かな環境 インドは英語教育の歴史が長いため英語教育が盛んで、そして語学留学生を数多く受け入れているため、実際に世界 100 ヵ国以上から留学生が集まり、国際色豊かな環境です。
日本人はほとんどどいない インドの語学学校の日本人比率はとても低く、一部の日系語学学校を除いて日本人学生在籍数ゼロという学校が多いです。
インド人と授業を受ける インドの学校の学生の半数はインド人です。ただしインド人学生は裕福な学生が中心で、また元々義務教育で英語を学んでおり、日常会話には困らないレベルですが、学校に通う理由は欧米の大学への進学に必要な高い英語力を必要としているからです。彼らは生活水準も高いため、安心して友人も作りやすく、学校で仲良くなり、放課後は友人と英語で話す機会も作れますし、インドの社会体験にも繋がります。
一方で フィリピンではなかなか現地の人と交流の機会を持つことは難しいです。
自由時間が多い インドは欧米と同様のカリキュラムのため、1 日の授業時間は 5 時間程度となり、フィリピンに比べて短めなため、放課後の自由時間が多く持てますし、英語環境を活かして英語を使う機会を増やすなど、ご自身次第でより効果的な英語学習が可能です。
ホームステイができる インドでは滞在先を学生寮だけではなくホームステイも選べることが多いです。インドの現地の家庭での滞在は英語力を伸ばす上でも、インドの社会を学ぶ上でもお薦めな滞在方法で、また生活水準も高いので安全、安心な滞在が可能です。
欧米への進学に強い インドは英連邦に加入し、生活水準も高いため、古くから欧米の大学への進学に力を入れており、また欧米の大学と提携するインドの大学も多く、例えば 2 年間インドの大学で学び、2 年間は欧米の大学で学ぶといった大学編入制度も盛んです。
インドの大学は学費がとても安いため、インドの大学経由で欧米へ進学することもできます。この制度は日本人でも利用できるため、今後は日本人のインドの大学進学は確実に増えると予想されています。
インターンシップが盛ん 世界最多の人口を誇るインドは、日本以上に欧米や日本の企業進出が盛んです。また、インド企業も原則英語ベースでの仕事となるため、インターンの機会がとても多く、超一流のグローバル企業でのインターンがし易い環境です。
フィリピンでもインターンは可能ですが、やはりインターンの中心は旅行やホスピタリティ関連、発展途上国向けの NPO のボランティアといった内容が多めとなっております。
アジア就職に強い 世界最多の人口を誇るインドは、日本以上に欧米の企業進出が盛んで、更に日系企業も数多く進出しているため、またインド企業も原則英語ベースでの仕事となっている反面、特に日系企業では日本語と英語が使える人材不足に悩んでおり、日本ではなかなか就職できないような企業でも、インドでの現地採用のチャンスはとても多いです